【UR賃貸】収入の特例

UR賃貸の入居審査で重要な収入審査では、家賃に応じた収入基準をクリアしていることが重要ですが、リタイアされた方や、一時的に収入のない方のために、収入の特例という制度があります。

①家賃等の一時払い制度
一定期間の家賃と共益費を一時払い(前払い)することで、その期間中、割引した家賃等でお住まいいただくことができます。通常は、12ヵ月の家賃+共益費に加え、2ヵ月の敷金と前払家賃を契約時に一括でお支払いいただくことで、通常必要な源泉徴収票や課税証明書等の収入に関する資料を省略することが可能です。

➁貯蓄基準制度
申込者本人の貯蓄額が、基準貯蓄額(月額家賃の100倍)あることを、銀行等の残高証明書(1週間以内に発行されたもの)を提出することで、収入に必要な資料を省略することが可能です。

③収入基準の特例
以下の1~3のいずれかを満たしていればお申込み可能です。

1.申込者本人の平均月収額が基準月収額の1/2以上ある場合
(1)同居親族の収入と合算して、合計額が基準月収額以上であること
(2)平均月収額が世帯用住宅の基準月収額の1/2以上ある同居を伴わない親族から、申込者本人の月額支払い家賃不足分の補給を受けられること
(3)勤務先から申込者本人の月額支払い家賃不足分の補給を受けられること
(4)申込者本人の貯蓄額が基準貯蓄額の1/2以上あること

2.申込者本人の貯蓄額が基準貯蓄額の1/2以上ある場合
(1)同居親族の貯蓄と合算して、合計額が基準貯蓄額以上であること
(2)同居を伴わない親族からの貯蓄の補給額と合算して、合計額が基準貯蓄額以上であること
(3)申込者本人の平均月収額が基準月収額の1/2以上あること

3.申込者本人の平均月収額や貯蓄額が基準月収額および基準貯蓄学区の1/2以上ない場合=>UR賃貸住まいガイドをご確認ください。


美しい東京

お台場からの港区方面です。東京は美しい。いつもはこの中で、日々の仕事に埋没していますが、ふとお休みの日に、これくらいの距離はなれて、夕焼けという自然の美しさを背景に浮かび上がる東京はとても美しいし、ほっとしますね。祝福。

東京エリアの物件一覧

安心・笑顔・チームワーク

UR賃貸は、礼金、仲介手数料、更新料が不要な上に、保証人が不要なため、海外からの転勤のお客様のご利用も多く、弊社ではバイリンガル対応にて物件選定から契約、入居フォローまでワンストップでサービスをご提供しております。

4月からは、インターンシップ生による、「契約業務×英語の就業体験」もスタートしています。インターン生の社会経験と日本語のできない海外からのお客様との相互協力で、本日の契約も無事完了しました。笑顔が素敵。祝福!

【お客様の声】インドからはらはらドキドキ

インド大手企業のR様ご家族が急遽の東京転勤。ご連絡をいただいたのが7月1日で、7月10日に来日され、ホテルが19日迄と期限が迫る中、江東区大島のインド学校にすぐそばの北砂1丁目のトミンハイム北砂1丁目に無事ご入居をいただきました。JKKでは、外国籍の方であっても、住民票や収入証明書に加え、必ず印鑑証明書の取得提出が義務づけられており、印鑑の作成からお手伝いをさせていただくこととなりました。

企業の人事、お客様、弊社及び東京都住宅供給公社のスタッフの方々のチームワークにより無事にリロケーションが完了いたしました。祝福!

2018年最後の帳

2018年は、弊社にとって変化の年でした。斡旋事業に加え受託事業を開始更に多くのお客様へ「お一人お一人の価値観に合った住まい提供を通じて安心と豊かさを実現」できる数が約3倍に飛躍しました。全てのお客様とまた弊社の変革に心から尽力してくれたスタッフ全員に心から感謝致します。

そして、2019年の課題は、ES向上です。引き続きどうぞよろしくお願い致します!

2018.12.31 in Shizuoka