就職、結婚、出産、転職 人生のターニングポイントでUR賃貸にお引っ越しという選択

新しく仕事が始まった。家族になった。子供が生まれて家族が増えた。

「これからどんな生活になるのかな~?」

「どこに引っ越したら暮らしやすいかな?」

ワクワクしますよね!

ただ、、、引っ越しってお金がかかるイメージがありますよね!

新しく家具や家電を買ったり。

礼金だったり、仲介手数料だったり、、、

できるだけお金は払いたくないですよね。

特に新生活が始まるならなおさら!

そこで今回は、UR賃貸住宅と一般の民間賃貸の初期費用を比べてみました!

UR賃貸と一般賃貸の初期費用の違い 
(家賃が13万円の場合)

UR賃貸住宅 一般賃貸(例)
敷金 260,000円

退去月家賃共益費と原状回復費用【クリーニング費用含む】が差し引かれ、残額は返金

(原状回復費用の令和元年度の平均負担額は

約4万5千円でした)
130,000円

原則返金だが、不動産や大家さんによって異なる
礼金 ナシ 130,000円
仲介手数料 ナシ 65,000円
鍵交換費用 ナシ 20,000円
保障会社利用料 ナシ 60,000円
火災保険加入費用 任意 10,000円
合計 260,000円 415,000円

初期費用だけでも、最大15万5千円もお得です!!

さらに、UR賃貸は更新料が不要なので、長く住むほどお得なんです!!

お問い合わせはこちらから!

UR賃貸が初めての方は、こちらをチェック!!

UR賃貸をお探しの方はこちらをチェック!!

Follow me!