UR賃貸の人気物件を獲得する方法

UR賃貸では、仮予約制度という独自の制度で物件を希望されるお客様と物件の確保を運営しています。ネットやショップや営業センターで空室として確認できたものを、個人情報(氏名、生年月日、連絡先、現住所、会社名等)を提供することで、2週間の間そのお部屋を検討者として登録することができます。

ただ昨今、非常に空室の物件が少なくなる中で、空室を仮予約して2週間確保することがしづらくなってきております。つまり、一つの貴重な物件に対しては、より多くのお客様にご内覧いただき検討していただくことで、契約意思の高いお客様に契約し、家賃発生していただくというトレンドにUR賃貸も大きく傾いてきております。

そこで、UR賃貸で良いお部屋を獲得するコツを共有させていただきます。

①優先順位を決める
・現在の住まいと理想の住まいのギャップを3つの言葉にしておく
・その3つの条件の優先順位を正確につける
➁住まいガイドを入手する
・住まいガイドには、各物件の価格帯や求める間取りの戸数等が正確に標記されています
③ターゲット戸数を算出する
・ある物件の1LDKの戸数が60戸、価格幅が12万~16万としますと、期待値は14万円で、年間の募集戸数を約10-15%=10戸弱で検討をつけます
④物件の優先順位をつける
・複数のターゲット物件がある場合は、具体的な団地名と間取りと価格帯を言葉にしておきます
⑤営業センター・ショップを訪問し、情報提供シートを記入する
・複数の物件を受け付けてもらえるところと一つしか受け付けてもらえないところがあります
⑥連絡を受け次第、できれば翌営業日までには内覧をすませ、1週間以内に契約をする

上記が、2019年8月現在、人気物件を獲得する方法です。

ただ、このような時間を忙しいために取ることができない方は、URJKKコンシェルジュまでご相談ください。